×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

犬のマラセチアは、皮膚常在菌のマラセチア酵母菌が、皮膚で異常繁殖を起こして痒みや炎症を引き起こす、真菌性皮膚炎です。

マラセチア酵母菌は、健康な犬の皮膚にも存在している常在細菌ですが、アトピー性皮膚炎などで皮膚のバリア機能が弱くなっていたり、皮脂やフケなどの汚れが溜まっていると、マラセチア酵母菌をはじめとする常在細菌が皮膚や毛穴で異常繁殖を起こしやすくなるため、皮膚炎を引き起こす原因になる事があります。


犬のマラセチア対策に!

人にも犬にも安全な光触媒ミスト

犬のマラセチアの原因

 

マラセチア酵母菌は、健康な犬の皮膚にも存在している常在細菌ですが、皮膚や毛穴の汚れが溜まっていたり、抵抗力が衰えてくると、異常繁殖を起こしやすくなります。

 

犬がアレルギー性皮膚炎を患っていると、皮膚のバリア機能が弱くなるため、マラセチア酵母菌をはじめとする常在細菌が繁殖しやすくなります。

 

また、マラセチア酵母菌は皮脂を好む菌とも言われており、皮脂の分泌量が多い犬に症状が現われやすいと言われています。

 

しかし、体を清潔に保つためにシャンプーをやりすぎたり、シャンプーの刺激が強すぎる場合には、皮膚が異常に乾燥して痒みや炎症の原因になったり、皮脂が余計に多く分泌されるようになる場合もあります。

 

そのため、シャンプーの頻度や使用量には、皮膚の状態をよく観察しながら慎重に行う必要があります。

マラセチア性皮膚炎は、フケが異常に多くなったり、皮脂量が多くなりベタベタする事が多いため、脂性フケ症や脂漏症(脂漏性皮膚炎)と呼ばれる場合もあります。