×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

犬のマラセチアは、皮膚常在菌のマラセチア酵母菌が、皮膚で異常繁殖を起こして痒みや炎症を引き起こす、真菌性皮膚炎です。

マラセチア酵母菌は、健康な犬の皮膚にも存在している常在細菌ですが、アトピー性皮膚炎などで皮膚のバリア機能が弱くなっていたり、皮脂やフケなどの汚れが溜まっていると、マラセチア酵母菌をはじめとする常在細菌が皮膚や毛穴で異常繁殖を起こしやすくなるため、皮膚炎を引き起こす原因になる事があります。


犬のマラセチア対策に!

人にも犬にも安全な光触媒ミスト

犬のマラセチアついて

 

マラセチア感染症は、カビの仲間のマラセチア酵母菌が、皮膚で急増するために起こる皮膚感染症です。

 

健康な犬の皮膚には、様々な種類の常在細菌が存在しており、それらはバランスを保ちながら共生しています。

 

しかし、病気やストレス、加齢や体質の変化などから、皮脂やフケの量、温度やph値などが変化し、皮膚の自己浄化作用が衰えてくると、特定の常在細菌が異常繁殖を起こしやすくなります。

 

また、抗生剤やステロイド剤などの薬剤を長期間使用する事によっても、皮膚の抵抗力が衰えるため、このような感染症にかかりやすくなります。

 

犬のマラセチアは、人にもうつる可能性があり、被毛やフケなどを介して再感染を起こす場合もあります。

マラセチア性皮膚炎は、フケが異常に多くなったり、皮脂量が多くなりベタベタする事が多いため、脂性フケ症や脂漏症(脂漏性皮膚炎)と呼ばれる場合もあります。